【GAS】2段階認証時のパスワード設定|Pythonのimaplib.error: b'[ALERT] Application-specific password requiredの対処法

GAS 2段階認証時のパスワード設定の巻
お悩みさん

PythonでGmailを扱いたいけど、2段階認証のエラーがでる!

そんなお悩みをこの記事では解決していきます。

結論を先に言うと、Googleのマイアカウントから簡単にパスワードを発行することができます。

やり方は本記事を参考にしてください。

この記事で学べること
  1. imaplib.errorの解消法
  2. GAS使用時のGmail2段階認証の突破方法
  3. Gmailのセキュリティパスワードの発行方法

環境

OSMac 10.15.4
Pythonpython 3.9
仮想環境Poetry
Homebrew8.0.19 Homebrew

【参考】PythonとGmailの連携をおさらい

PythonとGmail の連携の記事はこちらを参考にしてください。

目次

【前提】Gmailの2段階認証を設定しているとエラーが出る

上記の記事では、通常のログインパスの設定を想定したのですが、

Gmailの2段階認証を設定している方も多くいるはずです。

僕自身、仕事では二段階認証を厳守しているので、Pythonから操作をしようとすると、以下のエラーがでてしまいます。

imaplib.error: b'[ALERT] Application-specific password required

解決方法は、Pythonからログインするために必要な、Googleのパスワードの発行すればOKです。

Google セキュリティ パスワード発行の方法

まずは以下から、マイアカウントにいきます。

次に、Googleアカウントのセキュリティから、下の方にある「アプリパスワード」を選択。

Googleアカウント セキュリティ アプリパスワード

再度ログインを求められるので、ログイン。

アプリパスワードの作成画面が表示されたら、アプリとデバイスの選択を選択します。

Googleアカウント アプリパスワードの作成

追記:「その他(名前を入力)を選ぶ」と名前を入力できるため、パスワードが増えた際に管理が便利です。

Googleアカウント セキュリティ アプリパスワード その他
Googleアカウント セキュリティ アプリパスワード その他 名前の入力

ちなみに、僕はMacユーザーなので、Macを選択。

そしてGmailアプリとの連携を想定して、メールを選択しています。

「生成」を押すと、16桁のアルファベットが表示されます。

これがアプリパスワードです。

忘れないようにコピペしておきましょう。

Pythonスクリプト上に反映

最後に、Pythonスクリプトのパスワードを差し替えます。

通常のログインパスワードから、今回発行された16桁のパスワードに変更。

Pythonスクリプト アプリパスワード

これで設定完了です。

いつも通りPythonを実行すれば、Gmailにログインできるはずです。

まとめ

Google APIの2段階認証時のパスワードの発行方法をお伝えしました。

特にGmailの連携を行うときに、二段階認証をしているケースが多いと思うので、非常に役に立つはずです。

imaplib.error: b'[ALERT] Application-specific password required

上記のエラーが出た際は、試してみてください。

この記事が参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

節約に励むマーケターです!30歳を機に別職種から、マーケターにキャリアチェンジ。IT企業で専任のマーケターをしています。0からプログラミングを学びはじめました! ★データサイエンティストの勉強中です!お問合せはこちら!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる