マーケティング

マーケターがPython(プログラミング)を学ぶべき3つの理由と独学で感じた5つのこと

マーケターがPython(プログラミング)を学ぶべき3つの理由と独学で感じた5つのこと

僕はマーケティングを専門にしていて、

将来は、データ分析のスペシャリストと、マーケティングのコンサルとして活動したいと思っています。

マーケティングの仕事を始めたのは30歳を過ぎてからですが、

今は一部上場企業で、マーケティング部門の立ち上げに携わっています。

そして、プログラミングの勉強を始めたのも、おなじく30歳を過ぎてからでした。

なぜ、30歳から、マーケティングの初心者がわざわざプログラミングを学ぶべきだったのか。

そして、それが今どうマーケティング業務に役立っているのかをお伝えしていきます。

マーケターのやるべきこと

最初に、ここでは、マーケターのやるべきことを、

商品・サービスの売れる仕組みづくりだと定義させてください。

昨今言われている、デジタルマーケ、SNSマーケ、コンテンツマーケはもちろん、

ダイレクトマーケでも、オフラインマーケでも、

それらはあくまでHowであり、狭義のマーケティングにすぎず、

実際には売れる仕組みを作ることがマーケターの役割だと置いています。

マーケターの役割は拡大し続ける

でも、戦略や仕組みづくりに対して、

Howがどんどんと増えてきているが現状です。

デジタル化が進む中で、やれることが増えると同時、

マーケターはとにかくやるべきが多くなってきています。

例えば、広告運用だけではなく、MAツールを使いこなしたり、

コンテンツをつくってサイトにアップしたり、メルマガを書いたり、

動画を制作したり、ウェビナーを実施したり、

ユーザーインタビューやアンケート調査をしたり、

さまざまなことをしなければなりません。

マーケティング業務は自動化すべき

そうなると、いちいちすべてに対して、

アナログな作業でやっていくにはあまりにも時間もかかり過ぎてしまいます。

では、もっとも自動化すべきことは何か。

それは、データ集計です。

クリエイティブ、コンテンツづくりの自動化の波はあるものの、

まだまだ人がアナログで進めなければいけない部分が多くあります。

しかし、主にデジタル領域において、

データ集計は、大抵のことは自動化が可能です。

ならば、それは使わない手はないではないか。

でも、どうやって?

それがプログラミングであり、特定の言語をあげるなら、Pythonです。

マーケターがプログラミング(Python)を学ぶべき理由

業務の効率化

先にもご紹介した通り、

業務の効率化はマーケターに求められる絶対に必要な要件です。

例えば、Google Analyticsの情報をスプレッドシートと連携させて自動記入したり、

必要な情報をSlackに通知したりはPythonができれば、

それほど難しい作業ではありません。

データの収集さえ自動で行えば、数値の分析だけに頭を使えるし、

費用対効果やレポートを上司に求められたときでも、

すぐにそれに対応することができる。

これは便利という言葉だけでは表現できないほど、便利です

考え方を身につけられる

かのスティーブ・ジョブズもプログラミングは考え方を

身につけるために学ぶべきだと言っていたとか。

僕もプログラミングを学ぶまでは、

レポートを自動化しようなんて、発想が全くできなかったわけです。

SQLのようなデータベースを使いこなして、

より詳細なデータ分析をしたい、とかそういった発想も全くありません。

(SQLが何かすら知りませんでしたが。)

もちろんこれはごく一部にすぎませんが、

仕事を効率化できることは無数にあるんだ、

それに気が付くことができただけでも人生が圧倒的に変わりました。

ITサービスに強くなる

マーケターとしては、ITサービスを携わっている人も多いはずです。

僕自身もIT企業に勤めているので、

そこで必要不可欠な情報が多いのですが、

プログラミングをやっていたことで、

ITリタラシーは間違いなく高くなりました。

今はSaaSサービスをはじめとして、ITソフトウェアの会社が賑わっています。

キャリアップを考えるときに、ITに強いということはかなりの付加価値になるはずです。

独学すべきか、やめるべきか

ここではプログラミングをどう勉強するかを僕の実体験をもとにお伝えしていきます。

僕が独学を選んだ理由

僕は独学でプログラミングを勉強しています。

独学(1.5年)→MENTAでメンターに教えてもらう(半年)→独学(1年)

ほとんどを独学で勉強したのですが、

その理由は、ただただ資金不足と勉強スタイルにありました。

短期的な副業収入を目的としていたわけではないので、

勉強スピードも遅く、授業料を払うにはなかなかペイできなかったのです。

独学だけでは難しい

独学を主にしている僕がいうのもなんですが、

独学だけで学ぶという選択肢はかなり難しいと感じています。

僕もメンターに教わって感じたことは、

然るべき人に教わることで圧倒的に成長スピードが上がるということです。

この半年間によって、少なからずのブレイクスルーが起きたことは大きかったです。

詳しくはこちら記事に書いています。

余裕資金があるなら、スクールを検討する

僕自身はスクールの説明会にも行ったのですが、

当時、お金がなくて断念しました。

でも、スクールに通っていれば、もっと早くスキルを得られたと思います。

特に、本格的なシステム開発を目指すプログラマーではなく、

マーケターにとっては、ある程度の基礎知識を最短期間で学ぶことで、

一気に業務効率化の幅広がります。

おそらく、僕が3年間で学んだレベルには半年程度で到達できるのではないかと思います。

(通ったことがないので、推測ですが。)

考え方と基礎が重要

独学をすべきか、どうかを判断する上で知っておくべきことをさらに付け足します。

マーケターが必要なプログラミングスキルは

そう難しいレベルではないと考えています。

もちろん、知識がない人からすればはるか彼方にも見える地点だと思いますが、

プロエンジニアからしたら、決して難しい作業ではないと思います。

だから、ぶち当たる壁にも一定の規則性があり、

新しい機能開発にトライして、壁には多々ぶつかるものの、

時間をかけて冷静に問題を見つめ続ければ、大抵は解決できるものだと思います。

今は至る所に情報は落ちています。

だからこそ、ひたすら基礎が重要。

考え方と基礎さえ分かってしまえば、

ある程度独学でもいけるのではないかと、今はそんなことを考えています。

金を稼ぐためにベストな選択をする

また独学をしようとも、スクールに通おうとも、

重要なことはその投資を必ず回収するということです。

僕は先にお伝えした通り、勉強スピードが遅く、

短期的にプログラミングを収入に繋げるのは、難しいと感じていました。

しかし、3年も時間がかかってしまいましたが、

ようやく回収フェーズの入り口くらいには立てたかなと思います。

やってみて思うのは、入り口にすら到達せずに離脱する人が多いだろうな、ということです。

出口が見えないマラソンを走り続けるのは意外に辛い。

だからこそ、価値があるのだと感じています。

まとめ

今回は、マーケターの僕が考える、

マーケターがプログラミングを学ぶべき理由、

そして、マーケターの僕が実際のプログラミング学習を通して実感したことを

ご紹介させていただきました。

これから、この3年間の培ったものを武器に、

少しずつ、投資した分を回収していきます。

今後、そちらも実践編として、紹介していきたいと思います。

関連記事

-マーケティング