プログラミングの独学は難しい?【MENTAを使って思ったこと】

MENTAで勉強スピードが体感200倍アップした

独学でプログラミングを続けていたのですが、

なかなか勉強の進捗が悪く悩んでいました。

というか、そもそも何を学習したらいいかが分からない。

それがプログラミングの独学者にとって、

非常にボトルネックだと感じています。

そんな僕がMENTAというサービスを使って、

プログラミングのメンターと出会うことによって、

大きくプログラミングの学習スピードを上げることができました。

控えめに言って、200倍くらいのスピードになったのではないか。

個人的にはそんな風に感じています。

もしも独学の悩みがあるとしたら、少し参考にしていただけると思います。

メンター とは?

そもそもメンターって言葉を聞いたことがあるでしょうか。

今は日本でもだいぶ一般的に聞かれるようになったワードですね。

MEMO
メンター  = 先生、生徒
メンティー = 生徒、弟子

メンターは単純に何かを教わったりするだけでなく、考え方や生き方まで、その人に学ぶ。

そんなイメージが僕の中にはあります。

最近では、職場でも、メンター制度と言って、新人社員に指南役のベテラン社員が一人ついて面倒を見るというようなことも多くみられるようになってきました。

MENTAとは?

プログラミングの勉強が思いの外進まずに、

独学の勉強方法にわりと限界を感じていました。

そんな状況だったので、メンターを探して、

ゼロからプログラミングの勉強をやり直す覚悟でいました。

そんなときに出会ったのが、MENTAのサービスです。

MENTAをざっくり説明すると、

メンターを探せるマッチングサイトみたいなものです。

(登録は無料でできます。)

参考 メンターを探せる!MENTA

MENTAはメンターをして副業したい人と

メンターに何かを学びたい人が集まるプラットフォームです。

契約内容も教えていることも(登録している)メンターによって違います。

単発で仕事を受けている人もいますし、

継続的な仕事を受けている人もいます。

金額ももちろん人それぞれです。

MEMO
MENTAはメンター制度を取り合わすためのマッチングサイト。
基本的には、副業でメンターをしたい(何かを教えたい)人と、
独学につまづいている(何かを教わりたい)人が集まっています。
ジャンルは圧倒的に、WEB開発やデザイン、プログラミング言語の領域が多いです。

実際にどうだった?メンターに教わり始めてからの驚くべき効果とは

先にもお伝えした通り、

メンターと出会って、プログラミングの学習スピードが一気に早くなりました。

サービスを使って、素晴らしいメンターと出会うことができたおかげで、

2年ほど独学でやっていたよりも、

メンターに教わった1ヶ月の方がより高度な勉強ができたと思います。

だから、過去の自分にこう言いたい!

「絶対に今すぐメンターを見つけなさい」

初めてのポートフォリオ

2年間で僕は一つもポートフォリオがなかったんですが、

(というか、そもそもポートフォリオにできるような開発が自分にできるとすら思っていなかった。)

メンター契約して2ヶ月目には、人生初のWebアプリを開発していました。

もちろん、すごいシンプルで、機能が1つか2つくらいのWebアプリです。

でも、自分にとっては超感動的なできごとです。

本当に一つ開発ができるだけで、圧倒的に、プログラミングに対する勉強意欲も変わりますし、

その後のビジョンも大きく開けてきました。

もしも、メンターに出会ってなければ、

そんなことを味わえないまま、

10年経っても現状維持を繰り返していたかもしれません。

MENTAでメンター契約のメリット・デメリット。

どう捉えるか次第にはなりますが、

MENTAを利用することによる、いいこともあれば、当然、その反対もあります。

ということで、メリットとデメリットを思いつくものを挙げてみます。

メリット

  • 勉強スピードが上がる
  • 勉強の仕方が分かる
  • モチベーションが上がる
  • お金を払っているので、自分を追い込める
  • 経験談から、いろんなことを学べる

最初のうちは特に、

メンターの人に進捗を報告をするように言われていたので、

なんとか時間をつくってやらなくちゃ、

そんなマインドにしてもらえたのが、とてもよかったです。

やっぱり人間どこかで甘えがでてしまいますが、

それを外から打ち消してくれる存在。

それだけでも大きい効果だと思いました。

デメリット

  • お金がかかる
  • メンターとの相性が心配
  • 本格的に教わる、というより、アドバイスをもらうだけ
  • メンターの都合に勉強が左右される可能性がある
  • 関係性をしっかり築く必要がある

これは僕の実体験半分、あとは定説的なものが半分含まれています。

メンター契約の中には、けっこう高額なものもあります。

そこまで高い金額でなかったとしても、

なかなか毎月、授業料を払っていくのは、抵抗がある人も多いと思います。

まずは、この金額で、この人がいい、

そんなフィーリングが合う人にお願いするのがいいのかなと思います。

あとは学校やスクールとは違い、手取り足取り丁寧に教えてくれるメンター契約はほぼないはずです。

基本的には分からないことにアドバイスをもらったり、

課題を出してもらったり、学習方法を教えてもらう、

僕で言えば、2〜3日に一度、簡単な連絡を取り合うくらいです。

もちろんそれが基準とも思いませんが、

スクールのような手厚く教えてもらうことを期待してはいけません。

さらにしっかりとしたサポートを受けたい方は、ぜひスクールを検討してみてください。

最後に

最初にMENTAで連絡をした人に、今もメンター・メンティーとしてお付き合いをさせていただいています。

信頼できるメンターの方と出会えたことによって、

今はとても充実した勉強ができています。

毎日プログラミング学習に、ワクワクできています。

ぜひ、独学でつまづいているのであれば、MENTAでメンターを探してみるのも一つの選択肢としてオススメです。

参考 メンターを探せる!MENTA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA