マーケティング

【30歳・マーケ未経験】まだ遅くない!マーケターになるためのリアルな5つの秘策

【30歳・マーケティング未経験】まだ遅くない!マーケターになるためのリアルな5つの秘策

30代から、未経験でマーケティングを目指す方のために、この記事を書きます。

僕が実際に「30代未経験から、マーケターになった」リアルな体験記事です。

未経験だけどマーケティングをやってみたいなと考えている方には、

僕の実体験が少しはお役に立てるかもしれません。

はじめに:悔しさに震えた面接

僕は30歳をすぎてから、マーケティングの職種に就くことを志しました。

それまでのキャリアは中小零細企業で、主にメディア関連の仕事をしていました。

もしも、マーケティングを本業にできていなければ、

今頃にっちもさっちもいかなくなって、路頭に迷っていたと思います。

激務で、薄給、キャリアなし、コネなし、

でもプライドだけ高く、一つの仕事が長く続けられない、

短所だらけの僕は震えるくらいどん底を感じていたからです。

もちろん、マーケティングの職種で転職活動をしても、

書類すら通らず、さらに絶望を感じていました。

一つ忘れらない面接があります。

たまたま書類が通り、都内某所にあるマーケティング会社の面接に行った際、

面接をしてくれた代表にきつい語調でこう言われました。

「マーケティングのことを何も知らない30代の未経験でしょ、たとえ、やる気はあっても、雇うメリットが全くないね」

面接が終わって、オフィスを後にしながら、僕は悔しさでいっぱいになりました。

面接後のエレベーターの情景、ビルの入り口の風景、を今でもはっきりと覚えています。

しかし、あまりに正論すぎて、僕は心底、無謀な自分を愚かに感じたのでした。

30代はまだ遅くない

なぜ、こんなエピソードをはじめに書いたかというと、

「正論」は、「正解」ではないということを知って欲しかったからです。

僕は今、東証一部上場の事業会社でマーケティングをしています。

それもかなりの上流工程で、大きな予算も任されています。

当時の僕は、マーケティングのことを全く知らなかったにも関わらずです。

恥ずかしい話ですが、

マーケティングミックスや、STPや、コンバージョンやペルソナというような、

ごくごく一般的なワードすら、一つも知らなかったのです。

では、なぜ、僕がマーケティングを未経験からできているのか、

僕が実践してきたことをお伝えしていきます。

とにかく実務経験を得る

とにかく実務経験を得る

これはまさしく、僕が使った手段です。

僕はまず広告の制作会社に転職することで、2年間、ネット広告の実務を積みました。

マーケティングの実務と、広告業界の職務は関連性が高いものが多くあります。

マーケティングというと、

事業会社でマーケティング戦略に携わることを想像することが多いと思います。

しかし、それらの多くは外注をされているし、業務も細分化されています。

一例として、

  • 広告運用
  • コンテンツ制作
  • 市場調査
  • SEO対策
  • コピーライティング

などが挙げられます。

いきなり事業部のマーケ担当になるハードルが高いのは、

これら全てを掌握したり、それらの知見を土台にして、

マーケティング戦略を立てる必要があるためです。

遠回りに見えるかもしれませんが、

マーケティングに関連する職種に就いて、スキルを磨き、経験を積む

ことができるのが30代だと思います。

僕の実体験から言うと、1年ではかなり選択肢が狭く、

できれば、2年経験を積めれば、面接まで行ける機会が多くなります。

ベンチャー企業を選択肢に入れる

僕はマーケターになることを目指して、

人生で初めて広告系のベンチャー企業に入りました。

ところが、もうとんでもなく離職率が高い会社で、

入社1ヶ月で3名が退職していき、1年後には、退職者の数も十数名に、、、。

(そこでのエピソードもまた別の機会に書きたいと思います)

合う、合わないが非常に色濃く出るのがベンチャーです。

でも、あえてここで選択肢に入れることを伝える理由は2つあります。

[list class="ol-circle li-mainbdr main-bc-before"]

  1. 選択肢と可能性が大幅に広がる
  2. 成長スピードが圧倒的に上がる

[/list]

ベンチャーでマーケティングをやる

マーケティングができる人材は実はとにかく不足しています。

(これはマーケティングに限ったことではないのですが。)

特にいい人と出会いたいと思っているのが、

ベンチャー企業、あるいはスタートアップ企業です。

人が惚れ惚れするようなキャリアがあれば別ですが、

もしもキャリアチェンジをするなら、ベンチャーを選択肢に入れるだけで、

一気に可能性が広がります。

ベンチャーで成長する

ベンチャーという響きに、当時は僕は怖さしかありませんでした。

でも、びびりなくせに、上昇志向が強かったので、

短期間で一気にスキルを身に付けて、経験値を増やすしかないと考えていました。

ベンチャーという場所は、何かを教えてもうらことができない反面、

手を挙げれば、自主的に何かを勝手にやれる、という側面が往々にしてあります。

短期間で成長したい人にとって、得られるリターンは大きいと感じています。

メディア運用、SNSを成功させる

もっともリスクが低く、ハイリターンな方法は、

今の職場、もしくは個人で、

マーケティングの実務経験に匹敵する実績をつくってしまうことです。

今の職場で経験を積む

今の職場で、メディアやサイト、SNS運用の実務経験がその最たるものです。

そういったポジションが空いていれば、最高においしい!

即座に手を挙げて、ポジションを確保することがおすすめです。

最近では、多くの企業がコンテンツマーケティングやNoteの運用を始めているので、

企画提案して、ゼロから始めて、成果を出してしまうというのもありです。

個人でもマーケティング経験は積める

仕事でそういった経験が難しければ、個人でやりましょう。

仮に結果がでなくても、やったことがマイナスになることはほとんどありません。

結果的に超・超・超プラスになることばかりです。

例えば、これらが当てはまります。

[list class="ol-circle li-mainbdr main-bc-before"]

  1. ブログ
  2. SNS
  3. Youtube
  4. Note

[/list]

僕自身も、ブログを個人でやり始めて、Wordpressを一から覚えましたし、

NoteやSNSも転職活動をする際の話題の一つとして重宝しました。

やったことはそのまま実務にも役立ちますし、

うまくいけば副業にすることだって可能です。

リファラル採用を狙う

リファラル採用を狙う

もしかしたら、もっとも近道になるかもしれない方法が、

リファラル採用です。

リファラル採用は、社員・役員からの紹介を通じて企業に転職をすることです。

もしも、周りに、マーケティングの実務をしている知人がいて、

人が足りなていないということがあれば、紹介をしてもらえる可能性があります。

リファラル採用は、採用する側からしても、かなり安心感があります。

何度、面接をしても、実際の働き方は見えない部分が大きいからです。

紹介は、ある意味では社員からのお墨付きをもらえるということなので、

採用率は大きく上がります。

未経験からではなかなかハードルが高いですが、

もしそういったチャンスがあれば、有効活用しない手はないです。

スクールに通う

最後にして、もっとも即効性がある方法がスクールに通うことです。

僕自身も、単発の有料セミナーによく通っていましたが、

ここでご紹介するのは、より基礎から実戦までを学べるマーケティングスクールのことです。

僕が思うマーケティングスクールのいいところは、3つあります。

[list class="ol-circle li-mainbdr main-bc-before"]

  1. 採用担当者の安心材料になる
  2. 自分の安心材料になる
  3. 現場レベルで必要なノウハウを身につけられる

[/list]

ひとつずつお伝えしていきます。

採用担当者の安心材料になる

僕も採用をする側なのでよく分かるのですが、

未経験者を採用するのはとにかく不安です。

仕事ができるかどうかよりも、

マーケのことを勉強してくれるか、本気でやりたい気持ちがあるのか、

それを推し量ることができないからです。

もしも、お金を払ってスクールに通って勉強したという実績があれば、

その時点で、他の未経験者と比べたときに、圧倒的に有利です。

それは、本気度が分かって、安心できるからです。

自分の安心材料になる

次に大きいのが、自分自身が安心できるということです。

なんといっても、やったことないことって、めちゃくちゃ怖いですよね。

スクールに通って、学んだということは

確実に自分の強み、安心材料になるはずです。

実際には、知っているか、知らないかは、ほんのちょっとの差です。

でも、そのちょっとの差があることで、仕事の吸収率や、成長度がかなり変わる。

だから、自発的に学ぶ環境に飛び込むのは非常に大きいです。

現場レベルで必要なノウハウを身につけられる

実務に必要なマーケティングの知見と、

ビジネス書などのマーケティングの概念的な話は大きく乖離があります。

どちらも学ぶべきものです。

でも、優先度が高いのは、圧倒的に現場レベルで必要なノウハウです。

でも、それは本からは学ぶことができないはずです。

現場の実務を体系的に学べるという点で、

僕はスクールが優れていると思います。

実際にそれだけで現場で通用するかというと、

そんなに甘いものではないですが、

その土台はできるだけ早く、効率的に学ぶことはかなり有用です。

まとめ

マーケティングは本当に奥が深い。そして、面白い。

飽き性で、仕事が長続きしない、そんな僕のような方にも

おすすめの職務です。

僕自身は、マーケターとしてスタートラインに立つまでに、

かなり時間がかかってしまいましたが、

この道を選んだことを本当に誇りに思っています。

30歳を過ぎてから、目指したのでは遅すぎるのではないか、

当時、僕自身もそう思っていましたが、実際には、そんなことはありませんでした。

これから、ますますマーケティングの価値が高まります。

これからマーケティングにチャレンジしたい、

そんな方に少しでも参考になれば幸いです。

-マーケティング