事業会社のマーケターになるメリット・デメリット|広告業界、コンサルからの転職はあり?

事業会社のマーケターになりたい!

こんにちわ。ITのSaaS企業でマーケティングをしているクリワンです。

僕は今、メガベンチャーと呼ばれるような上場企業で働いています。

しかし、かつては未経験から広告業界に入って、業務経験を積んでいた時期もありました。

ちなみに、当時のことはこちらに少し書いています。

マーケターを目指した頃、さまざまな広告の仕事を受けながら、

「事業会社のマーケターになりてええええーーー」と僕はずっと思ってたんですよね。

そして、広告会社を2年でやめて、事業会社で働きはじめました。

僕と同じように広告代理店や制作会社でマーケターをやっているけど、事業会社にいきたい人。

未経験から広告業界に行く予定だけど、将来的には事業会社のキャリアも経験してみたい人。

そういう人ってかなりいると思うんですよね。

でも、ぶっちゃけどうなん?

っていう実務担当者レベルの話って全然落ちてないじゃないですか。

そんなわけで、本記事では、広告業界やコンサルと比較して、事業会社で働くメリット・デメリットについて解説をしていきたいと思います。

想定読者

この記事はこんな方に向けて書いています。

  • 広告代理店をはじめとする広告業界でマーケティングに携わっている人
  • 今後のキャリアに悩んでいるマーケター
  • 未経験からマーケターになりたい人

主にクライアントワーク経験から、事業会社のキャリアにスライドさせたい方向けです。

目次

「事業会社」のマーケターをおすすめする人

まずは事業会社のマーケターをおすすめしたい人はどんな人か。

特徴的なタイプを挙げてみます。

マーケターとして、さらなる経験を積みたい

キャリアの指針を変えたい方がこれに当てはまります。

クライアントワークだと、クライアントの意思決定をサポートするのが基本的な役割だと思います。

プロモーションにしても、事業戦略にしても、クライアントの課題解決のために奔走する。

ただ、それだけだとやれることが限定的だったりします。

その点おいて、事業会社においては意思決定権が自分たちにあるので、やれることは無限大です。

もちろん、一人のマーケターがどこまで裁量をもてるかはありますが、ポテンシャルという意味では、外部の人間よりも圧倒的に多いのは間違いない。

そういった意味で、クライアントの意思ではなく、自分のやりたいことが達成しやすい環境を求める方は事業会社がおすすめです。

サービス設計、商品開発をしたい

事業会社のマーケターとして一番いいなと思うのは、サービス、商品の開発に携われることです。

会社員でありながら、この経験が積めるの本当に大きい。

迷ったさん

え?マーケターってそんなこともするの?広告つくったり、配信するだけじゃないの?

WEBマーケティングやSEO職人の場合はそういうことも多々ありますが、マーケターの仕事はそんな狭い領域にとどまりません。

マーケティングは経営だと言われるほどに、事業全体を設計できる能力がマーケターには問われます。

そういった経験が積めるのが、コンサルティングと比較したときの事業会社で働く優位点です。

働きたい業界、行きたい企業のイメージが湧いている

働きたい業界、行きたい企業がある程度、固まっている人も事業会社にトライすることはおすすめです。

広告業界、コンサルのよさは何かというと、汎用性だと思うのです。

(もちろん、その仕事自体が好きということは多々あると思いますが)

汎用性とはどういうことかというと、

いろんな業界、サービスの企業の事業成長に貢献してきた経験があるわけですから、どんな会社にいってもそれなりの活躍が見込めると思ってもらいやすいということです。

さらに、例えば、ピンポイントで医療業界に明るいマーケターを探すとなるとかなり限定的になりますが、広告代理店やコンサル出身者までをスコープにいれることで、採用側からしたら人材の幅も質もぐっと広げることができます。

自分はどんな業界で経験値を獲得していくのかが決まっているのであれば、そしてそれがクライアントワークでは得られないものであるのならば、新しい領域にチャレンジすべきかなと思います。

事業会社に転職してよかった3つのこと(メリット)

起業、独立のイメージがより鮮明になった

事業会社でマーケターをしていると、「事業成長のために、事業戦略を考える」ことが必須です。

つまり、マーケティング職というよりは、事業開発のプロになる必要があるんです。

ということで、自ずと、起業、独立ということを常に考えるようになったし、とても身近なものに感じられるようになりました。

実際に、僕のいる会社はけっこうな人が、自分の会社や事業を持っていたり、副業収入を得ていたり、将来の起業のために準備をしています。

それでもみんなが働きたい会社っていうことでもあるので、自分のいる会社はすごいところだなと思います。

スキル開発、市場価値アップができた

マーケターとしての経験を積む、ということとリンクしているのですが、事業会社でないと積めない経験がたくさんあります。

特に業務フローすべてを設計したり、マーケティングのオペレーションを構築するようなフローは、外部からではできません。

もちろん、コンサル的に一部、請け負っているケースはありますが、そのほとんどが実はプロモーション業務を切り出して、サポートしているにすぎない、と僕は思っています。

マーケティングを外部から中途半端な腰の入れ方で参画しただけでは、本質的には何も変わらないんじゃないかなというのが僕が思っていることです。

広告代理店やコンサルを否定するわけではなく、それだけマーケティングの業務は難しいものなのだと日々、痛感しています。

マーケターとしての覚悟ができた

事業の成長にマーケターは必須です。

日本のトップマーケターである森岡毅さんは、マーケターは「消費者の代表」だと言っています。

本当に優秀なマーケターは、消費者を代表して、サービスをより高め、事業の成長に貢献しないといけないのです。

でも、そんなことを考えなくても、マーケターとしては生きていけると思います。

特に、WEB広告の世界は、いろんなお金が動いているので、正直、けっこう余裕で稼げると思うのです。

でも、僕は一本筋の通った、本気のマーケターになりたいと思っています。

そんなことを思えたのは、僕が事業会社で働き始めて、とてもすごい環境で働けたからだと思います。

事業会社でマーケターとして、最高の結果を出すって、本当に難しいんですよね。

事業会社で働くデメリット3選

マーケティング以外の業務が実は多い

マーケティングの仕事は、大きな予算を扱いますし、売上へのインパクトも大きい。

だからこそ、いろんな部署や、社内関係者との調整が必要になるケースも多々あります。

事業会社のマーケターって、マーケティングの施策・実行にばかり注力できるかというとそんなこともなく・・・。

実は、契約書の作成や予実管理、ステークホルダーとの調整など、雑多な業務を請け負っています。

好きな商材の担当じゃないと辛い

マーケターはとにかくその商材のことを知りつくす、必要があると思うのです。

が、そもそも好きじゃないものって、全然、突き詰めて学ぼうっていう気になりませんよね。

韓国ドラマが好きなら、韓国俳優の名前も覚えられるけど、好きじゃなければ右から左に流れていきますよね?笑

マーケターをやるなら、業界そのものを変えたい、と思うくらいにその商材と、その領域について興味・関心が持てないとかなり辛いかなと思います。

とにかく結果次第

社外からマーケティングを支援する立場と、事業会社のマーケターとして社内から働きかける立場では、結果に対する責任感が大きく変わります。

代理店やコンサルの場合は、一部、サイコロゲームのような側面があり、結果がでていても、会社の都合で継続打ち切りになる可能性もあります。

そういった場合は、一担当者の結果だけでは判断できない部分も多々あるわけです。

一方で事業会社のマーケターは、とにかく言い訳ができない。

いや、当然、何かしらの言い訳はできるし、代理店やコンサルのせいだってできます。

でも、つまるところ、自分の腕が頼りなわけで、プロとしてそこで勝負していかないと成長はありません。

どんな立場であれ、ビジネスである以上結果はつきもの、というのは当たり前の話。

なので事業会社だから辛いということはないのですが、事業会社のマーケターにも苦しくて泣きながら働く瞬間はあるという話です。

代理店でも、事業会社でも、マーケティングを楽しもう

いろいろ書いてきましたが、僕個人としては、外部コンサルや代理店で働く時期と、事業会社の社内マーケターとして働く時期、その両方を経験するのがおすすめだったりします。

どちらも経験したことで、代理店、事業会社、それぞれの大変さも楽しさを理解することができました。

両方を経験したからこそ、今は、どっちを選んだとしても、うまく結果を出せるだろうという自信も持つことができています。

今は、とても好きな会社で、これ以上ないサービスのマーケティングに携われているので、まだまだ修行しつつ、少しずつ外部コンサル的な業務も個人で請け負っていきたいなと考えてる真っ最中です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

節約に励むマーケターです!30歳を機に別職種から、マーケターにキャリアチェンジ。IT企業で専任のマーケターをしています。0からプログラミングを学びはじめました! ★データサイエンティストの勉強中です!お問合せはこちら!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次