HuspotAPIの始め方|Hubspot OAuth 2.0トークンの取得方法

Hubspot API OAuth 取得方法の巻

こんにちわ、現役マーケターのクリワンです。

今回は、PythonでHubspot APIを操作する方法のご紹介です。

HubspotはMA、CRMツールの代表格として、海外はもちろん日本でもさまざまな企業で導入されています。

そんなHubspotとPythonを連携することができれば、業務効率化がとんでもなく進みますよね。

最初のステップとして、Hubspot Oauthの初期設定までの方法をわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

当然のことながら、会社や個人でHubspotに契約している、かつユーザーアカウントがあることが前提になりますので、そこだけご注意ください。

目次

Hubspotの開発アカウント作成

HubspotAPIのOAuthを利用するためには、開発者アカウントが必要です。

Hubspot公式サイトの「開発者アカウント」をクリックします。

HubspotAPI OAuth クイックスタートガイド

アカウント登録の方法

以下の手順でアカウントの登録

STEP
登録を開始
HubspotAPI アカウント登録
STEP
役職の入力
HubspotAPI アカウント登録 役職登録
STEP
開発者アカウント名
HubspotAPI 開発者アカウント名

これでアカウントの登録が完了です。

開発タイプの選択

HubspotAPIのアプリ開発のタイプを設定していきます。

STEP
作業の選択

適当なものを選択してください。基本的には、「1つのアカウント向けに開発」で問題ないと思います。

HubspotAPI アプリ開発
STEP
アプリを作成

APIキーを使用することもできますが、今回は安全性も考慮して、OAuthの設定をします。

「アプリを作成」をクリックしてください。

HubspotAPI アプリ開発 アプリを作成

以下の画面がでてきたら設定が完了です。

HubspotAPI アプリ開発 MyHubspotApp

Hubspot認証設定・情報の確認

OAuthの設定に必要な情報は、「基本情報」の「認証」のタブから取得することができます。

HubspotAPI アプリ開発 アプリID 顧客ID クライアントシークレット
取得できる情報
  • client_id
  • scope
  • redirect_ur
  • optional_scopei
HubspotAPI OAuth パラメーター

上記画像は公式サイトより参照したものです。

こちらでOAuthの情報取得は完了です。

まとめ

今回は、Hubspot APIの開発者アカウントの設定と、OAuthのトークン取得方法をお伝えしました。

Hubspotの公式サイトにわかりやすく解説が記載されていますが、備忘録もかねて掲載させていただきました。

参考にしていただけたら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

節約に励むマーケターです!30歳を機に別職種から、マーケターにキャリアチェンジ。IT企業で専任のマーケターをしています。0からプログラミングを学びはじめました! ★データサイエンティストの勉強中です!お問合せはこちら!

目次
閉じる