簡単!GA4への移行手順とGoogle Tag Managerの設定方法|Google Analytics設定

データ分析 ユニバーサルからGA4に移行の巻

Google Analytics3ともいえるユニバーサルが2023年7月1日から利用できなくなると、Googleの公式発表がありました。

いきなりの発表で戸惑っている担当者も多いのではないでしょうか。

といっても設定自体はとても簡単ですので安心してください。

そんなわけで、今回はユニバーサルアナリティクスからGoogle Analytics 4への移行手順をお伝えしていきます。

目次

Google AnalyticsをGA4に接続する手順

まずはユニバーサルアナリティクスを開いて、上部に出ている開始を選択します。

GA4 ユニバーサル 移行 手順

もしも、その表示が出ていなければ、プロパティの「GA4設定アシスタント」からも同じ画面に進めます。

GA4 ユニバーサル 移行 手順

GA4設定アシスタント

GA4設定アシスタントの画面を開いたら、「はじめに」を選択

GA4 ユニバーサル 移行 手順

そのまま進めていき接続画面がでてきたら接続が完了です。

以下の画面がでてきたら、「GA4プロパティを確認」をクリック。

GA4 ユニバーサル 移行 手順

緑色の背景テキストに「接続しました」というメッセージが出ていれば接続完了です。

GA4 ユニバーサル 移行 手順

GA4の測定IDの取得

今度はGA4の測定IDを取得します。

タグ設定を選択。

GA4 ユニバーサル 移行 手順

そのまますべてで選択。(アプリなどの計測は異なる場合があります)

GA4 ユニバーサル 移行 手順

以下のウェブストリームの詳細ページの右手側に、G-から始まるIDがGA4の測定IDです。

GA4 ユニバーサル 移行 手順

※参考:グローバル サイトタグ(gtag.js)の取得

ちなみに今回は説明しませんが、グローバルサイトタグの取得も測定IDと同じページから取得ができます。

Google Tag Managerを使う場合はこちらは不要です。

GA4 ユニバーサル 移行 手順 タグを追加する

ユニバーサルアナリティクスのトラッキング接続

続いて、ユニバーサルアナリティクスのトラッキングをGA4に接続します。

ユニバーサルの歯車マークの管理から、プロパティのトラッキング情報、トラッキングコードを選択します。

GA4 ユニバーサル 移行 手順 トラッキング接続

続いて、接続済みのサイトタグを選択。

GA4 ユニバーサル 移行 手順 トラッキング接続

タグの接続画面がでたら、「接続するタグのID」に、さきほど取得したG-からの測定IDを入力。

最後に接続をクリック。

GA4 ユニバーサル 移行 手順 トラッキング接続

接続済みのタグが表示されていればOKです。

GA4 ユニバーサル 移行 手順 トラッキング接続

Google Tag Managerを利用して、GA4のタグ設定

最後は、Google Tag Managerの設定は以下です。

Tag Manager上で、新規のタグを設定していきます。

設定方法は以下です。

  1. タグの種類:「Googleアナリティクス:GA4設定」を選択
  2. 測定IDの欄に、先ほどのG-から始まるIDを入力
  3. トリガーには、All Pages(すべてのページ)を選択します。
GA4 ユニバーサル 移行 手順 Google Tag Manager

これでGA4の移行設定はすべて完了です。お疲れ様でした。

内部リンクのフィルタリング

GA4の内部リンクのフィルタリング設定はなかなかややこしいので、あわせてこちらの設定もしておくことをおすすめします。

まとめ

今回はユニバーサルアナリティクスから、GA4への移行手順をお伝えしました。

GA4のインターフェースや使用感は、これまでのユニバーサルアナリティクスとはかなり異なるので、最初は戸惑うかもしれませんが、使っていくうちに、GA4の使いやすさに気づくと思います。

参考にしていただければ嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

節約に励むマーケターです!30歳を機に別職種から、マーケターにキャリアチェンジ。IT企業で専任のマーケターをしています。0からプログラミングを学びはじめました! ★データサイエンティストの勉強中です!お問合せはこちら!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる