データ分析

【GA4】Google Tag Managerでイベント作成〜計測チェックまでの流れ

【GA4】Google Tag Managerでイベント作成〜計測チェックまでの流れ

Google Analytics4が発表されてから久しいにも関わらず、

なかなか情報が少なく、書籍も全て以前のバージョンを扱ったものでした。

ので、必要な知識や役に立つ情報を今後、あげていけたらと思っています。

今回はGoogle Tag Managerを使って、GA4のイベントを作成する方法をお伝えしていきます。

GA4のイベントとは

初めに簡単にですが、イベントの考え方をお伝えすると、

GA4では、すべてをイベントで計測していくことになります。

代表的なもので言えば、標準で登録されている、

page_viewや、first_visit、scrollなどです。

計測したい情報はイベントを作成して、

その数値を追っていくことになります。

【テスト】Twitterへの遷移数を追うイベント作成

今回は、試しに、Twitterへの遷移を計測するイベントを作成してみます。

あくまで、考え方をお伝えしたいので、個人個人のやりたいことに応用してください。

以下の画像のTwitterアイコンから、クリワンのTwitterへ遷移している人がどれくらいいるのかを

計測できるイベントを作成します。

Google Tag Managerのトリガー作成

まずタグを作成する前に、トリガーを作成していきます。

今回は、Twitterへの遷移リンクを押した回数を計測するので、

トリガータイプは、クリックの中から、リンクのみを選択しました。

一部のリンククリック→

Click URLに、クリワンのTwitterリンクを記入しています。

最後に保存。

これでトリガーの作成が完了しました。

Google Tag Managerのタグの作成

今度はタグを作成していきます。

タグタイプは、GA4イベントを選択します。

設定タグは手動で測定IDを入力します。(測定IDの調べ方は以下でご紹介します。)

ちなみに通常は、「GA4-設定」の方を選択すれば問題ないです!

イベント名は、好きなもので構いません。今回は、twitter_clickにしています。

トリガーは先ほど作成したトリガーを選択します。

保存をすれば、これでタグの作成も完了です。

GA4の測定IDの調べ方

タグ作成で設定した測定IDの調べ方が分からない方はこちらを参照してください。

(繰り返しますが、通常は、「GA4-設定」の方を選択すれば問題ないです!)

(分かる方は飛ばしてください)

まずはGA4の左側、一番下の歯車のマークの設定画面に進んでください。

プロパティの中のデータストリームを選択します。

表示されたデータストリームを選択。(今回はウェブストリーム)

ピンクの四角で囲っているG-xxxxxxxxが測定IDです。

Google Tag Managerの公開

タグの作成が完了したら、公開をします。

バージョン名を聞かれるので、日付など適当な名前をつけて、公開に進めます。

これで公開が完了です。

デバックチェック

プレビューも念のため、確認します。

トップページはもちろん接続されています。

ここから、Twitterのページへ遷移してみます。

こちらでも接続が確認できました。

タグマネージャー側でも、発火が確認できました。

Google Analytics4でイベントの数値確認

最後に、アナリティクス側でもイベントの数値がとれているかを確認してみます。

先ほど作成した、twitter_clickというイベントが、

しっかり計測できています。

これでリンククリックのイベントは作成完了です。

まとめ

Google Tag Managerを使ったイベント作成から、

GA4でのチェックまでを説明してきました。

GA4の測定はかなり幅広く、分析もしやすくなっている一方で、

大幅な仕様変更によって、慣れない方も多いはずです。

まずはイベント作成をしながら計測の幅を広げていくのがおすすめです。

-データ分析