Python日記

GA4とGoogle BigQueryを連携させる手順

2021年6月8日

GA4とGoogle BigQueryを連携させる手順

マーケティングの分析のために、

GA4とGoogle BigQueryを連携させてみました。

BigQueryをつかれば、データベースを簡単に使えるようになるので、

ぜひトライしてみてください。

ちなみに、無料枠で使えますが、データや頻度の制約がありますので、

詳細はこちらのページの費用のセクションを参照してください。

[sanko href="https://www.topgate.co.jp/google-bigquery" title="超高速でデータ分析できる!専門知識なしで扱えるGoogle BigQueryがとにかくスゴイ!" site="株式会社トップゲート" target="_blank"]

BigQuery APIの設定

まずは、Google Cloud Platformから、

BigQuery APIを有効にします。

検索窓からも、探し出すことができます。

以下は、すでに有効になっています。

その場合は、管理を押して、次に進んでください。

ユーザーの追加が必要になりますので、注意してください。

もしユーザーの追加がまだであれば、

以下のページの「ユーザー追加」のセクションを確認してください。

>>>【python】スプレッドシートに権限を付与する流れ|Google Sheets API

Google Aanlytics4のリンク設定

GA4の設定(左側の歯車マーク)から、

BigQueryのリンク設定をクリックして進みます。

続いて、リンクのボタンを押します。

もしもリンクのボタンが設定できなければ、

APIの方の、ユーザーの追加ができていないことが原因の可能性があります。

BigQueryプロジェクトを選択 を押して次に進みます。

BigQuery API側のプロジェクトを選択します。

ロケーションは、東京を選択しました。

次へを押して進みます。

「毎日」にチェックを入れます。

(ストリーミングは、有料ではないと選択できないようです。)

最後に送信を押して完了です。

無事にリンク作成ができました。

Google Cloud Platformで確認

Google Cloud Platform上でも確認をしてみます。

検索窓で、BigQueryと検索すると、

以下のようなサンドボックスを確認できました。

GA4 BigQuery 連携 手順

補足:無料枠の料金

ストレージの料金:1GB あたり約2.2円  (毎月10GBまで無料)

クエリの料金:1GBあたり約540円 (毎月1TBまで無料)

まとめ

今回は、GA4とGoogle BigQueryを連携する手順をご紹介しました。

BigQuery側に、データが反映されるまで24時間かかるようです。

今後、BigQueryを活用したデータ分析の方法もご紹介していきたいと思っています。

ぜひ、参考にしてみてください。

-Python日記
-,