スクール紹介

【データミックス】魅力と強み|データサイエンティスト志望におすすめのスクール

2021年12月11日

データミックスの5つのすごい! データサイエンティストを本気で目指す人におすすめの理由

データサイエンティストになりたい。本格的に学びたい。

けど、どうしたらいいか分からない…。

データサイエンティストって幅広くて、何から手を付けていいかわらかない。

こんな悩みはないでしょうか。

ちなみに、これはまさしく自分自身の経験です。

そんな方におすすめなのが、データミックスというデータサイエンティストを目指す人のためのスクールです。


僕自身、データサイエンティストに興味があって、いい教材や学習方法をたくさん探していたのですが、

もっとも良かったのが、毎年2,200人が受講しているデータミックスです。


どこよりも徹底的に調べたので、データミックスがおすすめの理由をお伝えしていきます。

こんな人におすすめのスクールです

クリワン
  • データサイエンスのスキルを身につけたい
  • キャリアチェンジして年収をアップさせたい
  • ビッグデータの活用に携わりたい
  • データ活用で今の職種の単価を上げたい

では、見ていきましょう!

結論:データミックスは本気でデータサイエンスを学びたい人が通うスクール

データミックスは本気でデータサイエンティストになりたい、データサイエンスを学びたい、

そんな人におすすめのスクールです。

データサイエンスを通じて絶対に人生を良くしたい、キャリアアップしたいという覚悟なければおすすめできません。

しかし、その覚悟さえあれば、データサイエンスを学ぶなら日本でもっともレベルが高くおすすめのスクールだと言えます。

未経験からデータサイエンティストを目指す人におすすめのコースは、データサイエンティスト育成コースです。

データサイエンティスト育成コース (一括申込みの場合)
受講料675,000円(税抜)
入会金免除
期間約6ヶ月
参加時期2〜3ヶ月ごと
その他※ブートキャンプ(最初のコース)を終了時に満足できなかった場合、それ以降の受講料を返金申請が可能
※カード分割払いは不可。
専門実践教育訓練給付制度の活用で、最大51万円の支給あり
データサイエンティスト育成コースの概要

随時、入学相談会を実施しているので、検討する上で必ず参加してみるのをおすすめします。

私も参加しましたが、90分かけてデータサイエンティストの需要から、講義の抜粋、転職支援のことなど幅広く説明してくれます。

データミックスの無料体験セミナーはこちら

データミックスは年間2,000人以上の受講実績あり

データミックス データを学べば、新しい世界が見えてくる
データミックス:データサイエンスが学べる日本屈指のビジネススクールを運営

データミックスは、2017年にスタートしたデータサイエンティストに特化したスクールです。

データサイエンティストに特化したスクールではさきがけのスクールと言えます。

法人研修では年間2,000人以上の受講生、スクールでは累計950名以上が受講されています。(2021年12月調査)

以下は創業から現在までの会社の沿革です。まだ若い企業ですが、さまざまな取り組みを積極的にやられているのが分かります。

2017年4月データミックス創業
2017年7月データサイエンティスト育成コースが第一期開講
2018年7月上記コースが経済産業省「第4次産業革命スキル習得講座」認定
2018年11月「第15回日本e-learning大賞」受賞
2019年9月厚生労働省支援「第8回日本HRチャレンジ大賞」イノベーション賞を受賞
2020年2月データ分析実務スキル検定(CBAS)開始
2020年10月日本初となる気象庁認定講座「気象データアナリスト養成講座」が開講
データミックス 創業からの沿革情報

代表の堅田洋資氏は日本では数少ない米国大学のデータサイエンス修士号を保有する 現役のデータサイエンティストとしてもとても有名な方です。

受講生の99%はビジネスパーソン

スクールの受講者はほとんどがビジネスパーソンです。

(ただ現在は学生向けにもサービス展開を考えているようです。)

データミックスの受講生の特徴

  • 受講者の99%はビジネスパーソン
  • 年齢は20-30代、40-50代のマネージメント層
  • エンジニアは3割程度、残りの7割はビジネス系の職種
  • 業種はソフトウェア・通信が多いが、さまざまな業種から受講

データサイエンティストというと、理系、統計の知識あり、プログラミングの素養あり、という方が多いのかと思いきや、実際には文系でビジネス系の職種がかなり多いです。

データミックスに学びに来てくれる層は、大学のデータサイエンス学部の学生の層とは違い、「文系で数学が苦手でプログラミングもやったことありません。」という感じの層が多いんです。

『はたらくことメディア』 データミックス代表・堅田洋資のインタビューより

これからご紹介するデータサイエンティスト育成コースの講習内容には、基礎的な内容も含まれているので全くの未経験の方でも安心して受講ができます。

本気度がすごい:データサイエンティスト育成コース

迷ったさん

ちなみにどんなことが学べるの?

ここでおすすめするのは、データミックスのデータサイエンティスト育成コースです。

データサイエンティストとしての基礎から、 実際の現場で使えるノウハウまでかなり網羅的に落とし込まれたコースです。

体系立てて学習することで、データ分析をする際に自走できる力を養うことができるスキルを身につけることができます。

データサイエンティスト育成コース4つのステップ

  • 課題の特定と分析の必要性についての理解 / SQLによる集計 / データ可視化
  • Rによる統計
  • Pythonによる機械学習
  • 分析プロジェクトの流れと実務におけるポイントの理解/メンタリングセッション(自身で課題を設定し、1ヶ月間のプロジェクトを企画・実行)

このデータサイエンティスト育成コースは6ヶ月という長丁場です。

だからこそ実務で活かせるデータサイエンティストとしてスキル・知識を身につけることが可能です。

データサイエンティスト育成コース (一括申込みの場合)
受講料675,000円(税抜)
入会金免除
期間約6ヶ月
参加時期2〜3ヶ月ごと
その他※ブートキャンプ(最初のコース)を終了時に満足できなかった場合、それ以降の受講料を返金申請が可能
※カード分割払いは不可。
専門実践教育訓練給付制度の活用で、最大51万円の支給あり
データサイエンティスト育成コースの概要

ちなみに上記4つの学習内容は一括で申し込まずに、4つのコースごとに申し込むことも可能です。

その場合は入会金25,000円(税抜)がかかりますが、それ以外の総額は変わりません。

別々に申し込む場合の1コースの受講料はブートキャンプコースのみ150,000円(税抜)。残りの3コースは175,000円(税抜)です

ちなみに後でもご説明しますが、「専門実践教育訓練給付制度」を利用することで、

最大受講料の70%(最大で約51万円)の給付を受けることも可能です。

データミックスの無料体験セミナーはこちら

ここがすごい!データミックス5つのメリット

その①:講師陣現役の凄腕データサイエンティスト

データミックスの講師はすべて実務経験あり、経験豊富なデータサイエンティストです。

データミックスの講師陣のプロフィールからいくつか抜粋をしてみました。

講師陣のプロフィールから実績の抜粋

  • LINEでHRサービスのデータ分析担当
  • アドネットワークの配信アルゴリズムの研究開発を担当
  • ブロックチェーン開発を手掛けるスタートアップのプロダクトマネージャー
  • 『直感でわかる! Excelで機械学習』の著者

日本にデータサイエンティストがまだまだ少ない中で、

これだけ経験豊富な現役のデータサイエンティストから学べるというのは忖度なく本当に貴重だと思います。

信頼できる講師に直接学べるのはとても嬉しい限りです。

その②:カリキュラム実践的なスタイルで実務に活かせる

データミックスが大切にしているのは、データ分析で「いかにビジネス課題の解決を主導できるか」です。

プログラミングの技術だけでなく、データを正しく理解し、活用できる人材の育成を目指しています。

統計学や機械学習といった分析手法をどのようなビジネスシーンで、 どのように思考して技術を適用すれば良いのか、

実務に近いビジネスケースを通じて学習します。

また課題や宿題を通して実際にコードを書くことで「分かる」から「できる」レベルまで、 深い理解へと落とし込みことができます。

特におすすめなのが、カリキュラム4ステップ目のインテグレーションステップです。

1ヶ月間かけて実際の現場で使える課題をこなすので、一つの実務経験を得ることができます。

その③:少人数制のクラス

データミックスは少人数制のクラスにこだわっています。

1クラスの上限は、15〜20人まで。

受講生一人一人の強みや弱みを把握したうえでの指導 生徒数に対して講師やTAを適切に配置してくれるので、

クラス内での議論や講師とのやりとりを多くなるし、難しい内容でもしっかりと理解を深めることが可能です。

また受講後にも質問ができたり、セクションごとの補講も用意されていたり、

振り返り動画を使って復習することもできます。

その④:横のつながりができる

受講中のクラスメイトはもちろん、それ以外にも、たくさんの同志と知り合えるので、たくさん横のつながりができます。

卒業後の継続学習のため、有志によって勉強会や各種イベントが企画・開催されていたり、

OG・OBネットワークなどを通して、400人超の卒業生ともつながることができます。

人脈づくりに有益なイベント

  • facebookグループ
  • meet up
  • 勉強会
  • 情報交換 ・懇親会
  • ゼミ活動

スキルや知識を身につけられるだけでなく、これだけ人脈ができるのはお金にはかえがたいメリットです。

その⑤:卒業後の転職支援

卒業後に本格的にデータサイエンティストのキャリアを積むため、転職を考える人も多いと思いますが、 

データミックスの強みの一つが転職支援です。

データミックスは人材事業もやっているため、一切無料で転職のフォローアップをうけることができます。

授業を通して実務に近い経験をすることで、

データサイエンティスト未経験からでも転職に成功している実績もたくさんあります。

ハードル高い?データミックス3つのデメリット

受講料高い

半年間で約70万円とかなり高額なのがハードルの一つ目です。

これを高いととるか、投資として価値があると捉えるかはどんな将来を見ているかによって、

かなり分かれるところかもしれません。

ただし、データミックスのデータサイエンティスト育成コースは「専門実践教育訓練給付制度」の対象になっているので、

申請をしてしっかりと卒業をすれば受講料の70%、最大51万円が給付されます。

迷ったさん

専門実践教育訓練給付制度をもっと詳しく教えて!

専門実践教育給付金は、厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練講座を自己負担で受講したときに、教育訓練にかかった経費(入学料や受講料など)の一部について、ハローワークから給付金の支給を受けられるという制度です。

簡単に説明すると、スキルアップのための認定されたスクールのカリキュラムを卒業すると、最大50〜70%の受講料が給付金として支給される制度です。

対象者は初めて利用する場合は、雇用保険に2年以上加入していることが条件になります。

また支給額の上限(40万円〜56万円)もあるので注意が必要です。

データミックスのデータサイエンティスト育成コース(本講座)は専門実践教育訓練給付制度の認定を受けているので、

修了後に最大51万円の支給を得ることができます。

実質20万円ちょっとで受けられるので、受講の際は活用するのがおすすめです。

入学試験がある

スクールに入るために簡単な試験まで設けているという本気っぷり。

入学するには計4つの試験を受けて合格することが必要です。

データミックスの入学試験

  • データに関する記述式問題
  • SQL
  • Python または R(いずれか1プログラミング言語を選択)
  • 統計 または 機械学習(いずれか1科目を選択)

全くの未経験者だとちょっとハードルが高いレベルです。

ただ、入試問題のサンプルも確認できますし、入試問題の対策コース(各科目2,200円(税込))も用意されています。

予習・復習が必須

授業内容が充実していて、網羅的な勉強ができる反面、

しっかりと授業についていくためには、予習・復習が欠かせません。

週10時間ぐらいはしっかり確保できるようにした方が、

授業の理解度も深まり、課題をクリアすることができるのでおすすめです。

しかし、それだけ本気度が高い人が通っているので、

切磋琢磨して学ぶにはとてもいい環境ですよね。

まとめ:データミックス受講は本気度が高い人におすすめ

データサイエンティスト育成コース (一括申込みの場合)
受講料675,000円(税抜)
入会金免除
期間約6ヶ月
参加時期2〜3ヶ月ごと
その他※ブートキャンプ(最初のコース)を終了時に満足できなかった場合、それ以降の受講料を返金申請が可能
※カード分割払いは不可。
専門実践教育訓練給付制度の活用で、最大51万円の支給あり
データサイエンティスト育成コースの概要

データミックスのデータサイエンティスト育成コースは半年間かけて、

データ活用の基礎からほぼ実践に近いレベルまで網羅的に学ぶことができ、

未経験からでも転職やキャリアアップをすることができるスクールです。

本気度がかなり高いスクールなので、70万円以上の受講料がかかりますが、

専門実践教育訓練給付制度を活用すれば、最大51万円の支給があります。

入学試験があったり、授業のレベルも高い講座なので、本当にこれからデータ活用を活かして収入を上げていきたいというモチベーションの高い方におすすめのスクールです。

無料体験セミナーがとても面白いので検討の際にはぜひ参加してみてください。

データミックスの無料体験セミナーはこちら

-スクール紹介